アタマジラミ 感染予防

子供の頭じらみは感染予防が大事

 

頭じらみに感染した子供がでいる場合、家族中に広がらないようにするためには、しっかり予防をしないといけません!

 

中でも重要なのは、やっぱり感染者の使った寝具をしっかり消毒してから洗濯すること!

 

これ、洗濯をする人からしたら、ひと手間増えて、すごく面倒なんですが、頭じらみの時に、面倒くさがって省いてしまうと、なかなか頭じらみが治せないんですよ!

 

本当に困ってしまいます!

 

やっぱり頭じらみっていうのは、面倒だけど、熱湯や高熱で消毒し、殺虫処分してから洗濯しないと、卵まで駆除できないんです。

 

頭じらみの成虫は目の細かい櫛やスミスリンシャンプーで、比較的簡単に駆除出来てしまいます。

 

しかし、頭じらみの卵となると、高熱をかける以外では、なかなか死にません。

 

そのため、頭じらみの卵を駆除するのであれば、卵に熱湯をかけて殺虫してから洗濯するか、卵が孵化してからスミスリンシャンプーなどで殺虫する方が良いです。

 

熱湯消毒が面倒な人は、卵が孵化してから、幼虫になった時にスミスリンシャンプーで根気良く駆除していくのが良いのかなって思います。

 

やはり頭じらみは卵の駆除が一番面倒です。

 

家族で子供の頭じらみが蔓延しないように、ちゃんと感染予防することが大事です。

 

アタマジラミ017