アタマジラミ 面倒

頭じらみは面倒な病気

 

みなさんは、子供が頭じらみに感染したことありますか?

 

私、完全に舐めていました。

 

子供の間で頭じらみが流行しているっていうのはわかっていたけど。

 

まさか、頭じらみがこんなに面倒な病気だったとは思いませんでした!

 

命に関わるような深刻な病気ではないですが、とにかく駆除が面倒なんです!

 

何が面倒かっていうと、洗濯や掃除が大変なんです!

 

掃除嫌いな人にとっては、頭じらみはそうとう面倒です。

 

私は掃除が嫌いだったので、頭じらみの駆除は、「もう2度と嫌だ」って思いました。

 

特に感染者が使った寝具は、60℃以上の熱湯消毒や、温風を使った乾燥機による駆除など、とにかくいつもの洗濯が、いつにも増して手がかかるんです!

 

でも、熱湯消毒や温風を使った乾燥機での処理をしないと、頭じらみの卵って死なないんですよ!

 

頭じらみの成虫は、スミスリンシャンプーで簡単に死んでくれるけど。

 

卵は熱湯で消毒しない限り、なかなか殺すことが出来ません。

 

どうしても熱湯消毒が面倒な人は、一度卵からふ化させてしまい、幼虫になった時に、スミスリンシャンプーで駆除した方が良いですね。

 

でも、掃除や洗濯を徹底しないと、家族中にあっという間に広がってしまうので大変です。

 

アタマジラミ015